中学受験対策 家庭での受験対策

長期的なプランの作り方

2016/08/06

中学受験では、長期的な学習プランや目標をしっかり立てることで、成功しやすくなります。しかし、、目先の成績ばかりにとらわれて長期的なプランを立てられない親御さんが多くなっているように思われます。
試験の点数や偏差値に振り回されて、基礎力が抜けたまま受験しかろうじて合格しても、せっかく入った学校で勉強についていけなくなってしまうことがあります。
中高生になったら、いかにお子さんが「自立」して学習出来るかが大切になります。そのためには、お子さんが成長出来るように親御さんがしっかり導いてあげてください。

長期的なプランの作り方

1.お子さんと目標をしっかり話し合う

「どこの学校に入りたい」「将来○○になるために、こういう勉強をしたい」など中学や高校に入ってどんなことをしたいのかを、良く話し合ってみてください。親子ともモチベーションを上げていかないと、どんな計画も計画倒れになってしまいます。

2. 1年後の目標を決める

受験学年なら、志望校合格になると思いますが、受験学年以外でしたら、塾のクラスを上げる、算数の偏差値を60にする、地理のテキストを3回繰り返すなど、達成可能な目標を考えてみましょう。

3. カレンダーに月ごとの目標を書き込んでおく

受験生なら模試の日程などはある程度分かってくると思いますので、目標点や偏差値を書き込んでみてください。
「夏休みに1日5時間勉強する」「絶対風邪をひかない」などでもいいので、毎月何かを書いてください。

4.目標を達成するためにやることを書き出す

1日2時間勉強する。毎日理科の暗記をする。何月までに5年生の復習を終わらせる。など、箇条書きで書いていってみてください。書き終わったら優先順位をつけてみましょう。

5.目標を目に見えるところに貼る

学習机の前など、目に入りやすいところに目標を書いて貼るようにしましょう。

毎日見ればお子さんのモチベーションも上がります

 

中学受験では1年をどう過ごすか大切になります。1年先、半年先の目標を決めてから、月ごとの目標を決めていくことが大切になります。

おすすめ

親子で受かる! 中学受験手帳
親子で受かる! 中学受験手帳 田中 貴 日々の学習計画が立てられるスケジュール帳と勉強コラムのほか、学習内容チェックシート、学校情報シートなどの巻末資料も充実。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-中学受験対策, 家庭での受験対策
-, , , ,