中学受験に向かう前に 中学受験対策 低学年の受験対策 家庭での受験対策

低学年の中学受験対策

低学年のうちは家庭学習の基礎作りをする

最近では少しでも早く受験準備をしようと、低学年のうちから中学受験の準備のために塾通いするお子さんも増えているようです。

しかし、低学年のうちから塾頼りの勉強法になると、自主学習力がつかず、5、6年生になって伸び悩むことが多くなります。 難関校を目指すには、かなりの勉強量が必要ですが、塾に通えばそれだけ費用の負担も大きくなりますし、5、6年生になって勉強が難しくなった時に伸び悩んでやる気を
なくすことにも繋がりかねません。

塾のカリキュラムは小学校4年生から中学受験向けに組まれていますが、中学受験を意識した自宅学習がしっかり出来ていれば5年生や6年生になってからでも十分中学受
験の対応は可能です。

小学校3年生までは、家庭で自分で学習出来る習慣をつけるように心がけることをおすすめします。

○1、2年生のうちは遊びの中に勉強を取り入れる

1、2年生のうちから、問題演習ばかりやる勉強法はおすすめできません。この時期はお子さんの勉強に対する好奇心を増やして、実際に使える知識を増やすような工夫を
しましょう。
読書の量を増やす、パズルで問題を解いてみる、博物館に行ってみるなど、家庭での工夫が必要です。大切なのはお子さんを勉強嫌いにしないことです。教材も楽しみなが
ら勉強出来るものを選ぶようにしてください。
塾に通う場合は、お子さんが塾に慣れて遊びの中で勉強出来るような週1回くらいのコースを選ぶようにしましょう。お子さんが行きたくないのであれば無理に行かせる必要はありません。

また、中学受験を乗り切るためには、体力をつけることも大切です。外で遊ぶ機会を増やす、スポーツ教室などに通ってみるなど、体を動かす機会を増やすようにしてください。

○3年からは中学受験向けの教材を使ってみる

3年生になったら、市販の教材は通信講座などの中学受験生向けの教材を利用してみましょう。最近の教材は塾に行かなくても中学受験の基礎力がつけられる、市販の問題集や通信講座のカリキュラムがたくさん出ていますので、お子さんのレベルや興味に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、レベルの高い教材を選ぶ場合は、学校の勉強がほぼ完璧に出来ていないといけません。

現在は大手進学塾や通信講座で通学受験向けのコースもあるので、通信講座で中学受験の適性を見極めることも出来るでしょう。

四谷大塚 リトルクラブ 小学校1、2、3年生を対象とした四谷大塚の教材を使った通信教育

Z 会中学受験コース
小学校3年生から中学受験向けのコースがあります。やや難しいですが、これについていけるようであれば、4年生以降も通塾なしでも中学受験可能なカリキュラムになっています。

またこの時期から、少しずつ自分で計画を立てて課題をやってみるような練習をして ください。

教材を使って自宅で勉強を進められるようであれば、塾に入るのを急ぐ必要はありま せん。学力の確認のために何回か実力テストや模試を受けてみてください。

ママのタイプ別わが子の中学受験成功術―低学年の工夫が「やる気スイッチ」をつくる

新品価格
¥1,512から
(2016/8/18 16:57時点)

-中学受験に向かう前に, 中学受験対策, 低学年の受験対策, 家庭での受験対策
-, ,