中学受験の塾 塾・家庭教師の選び方

中学受験の塾選び

2016/08/17

中学受験の場合、学校の勉強をしているだけでは合格出来ないような問題が出題されることが多く、塾の存在が大きくなってきます。

大手塾の場合、中学受験専門のコースがある塾に入塾するのが一般的でしょう。

首都圏では、SAPIX、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー
関西圏では、浜学園、希学園、日能研、馬渕教室、進学館 などが有名です。

そこで、しっかりとしたカリキュラムを持つ大手塾に通うケースが多くなります。

大手塾の場合は小学校4年生から受験に向けたカリキュラムが組まれていることがほとんどです。(低学年のコースがある場合は本格的なカリキュラムに入る準備段階だと考えた方が良いでしょう。)

大手塾の場合、新学年の始まりは、前年度の入試が一段落する2月から始まります。つまり、4年生からの入塾の場合は3年生の2月から新学年が始まります。入塾を考える場合は、その前にどこの塾がいいのか調べて体験授業を受けておいた方が良いでしょう。

カリキュラムが決まっている塾は4年生の最初から入塾する方が望ましいですが、必ずしも全てのお子さんがカリキュラムを消化出来るわけではありません。また入試まで同じ単元を繰り返していくカリキュラムになっている塾も多く、5年生、6年生になってからの入塾でも十分に対応出来ることもあります。
また、大手塾ですと、授業についていけなくなったり、下位クラスになるとお子さんのモチベーションも下がり、成績が上がらなくなってしまうこともあります。個別にしっかりとした指導が受けられるかどうかも、塾選びのポイントになるでしょう。

大手塾以外の選択だと、地域密着型の塾の受験コース、大手と提携している個人塾、個別指導の塾などがあります。
過去に志望校に対する受験実績がある、四谷大塚準拠塾であるなど、塾によって長所が異なってくるので、事前によく調べて説明を受ける必要があります。

個人塾では、大手塾と異なった、お子さん1人1人に対する丁寧な対応が可能となりますが、講師や塾の実績などにばらつきがあることがあります。
個別指導の場合は、さらに講師の実力のばらつきが大きくなります。講師が中学受験に対する指導経験があるかをまず確認してください。

おすすめ

中学受験2010首都圏版 塾ランキング―あの中学を狙うならここに通え 渾身!親の強化書
中学受験2010首都圏版 塾ランキング―あの中学を狙うならここに通え 渾身!親の強化書 石田 達人ゴマブックス 2008-12-01
売り上げランキング : 193071Amazonで詳しく見る

by G-Tools

-中学受験の塾, 塾・家庭教師の選び方